薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

スイカの食べ方

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 いよいよ暑い夏がやってきました。 私はスイカが大好きです。 夏が苦手な私の、唯一の夏の楽しみです。 姫達が小さい頃、スイカは皮を切り落とし、大きめの一口大に切り、タッパーにいれて冷やしていました。 食べ…

かさぶたを知らないこどもたち

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 とある大学の保健室で勤務していたときのことです。 学生さんが保健室に来ました。 どうしたのか尋ねると、「こんなになっちゃったんです」とズボンをたくし上げて膝を出しました。 そこには立派なかさぶた(痂皮:…

蝉と梅雨

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 朝から雷が鳴っている。 時々、地響きまでも感じる大きさだ。 今から橙姫が外出なのに怖いな。 梅雨の終わりには雷が鳴りやすいと聞く。 そろそろ梅雨も明けるのか。 雷雲は遠退き、雨が上がった。 わが家の網戸に…

半年の日に

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 このブログの名前になっている、薄紅葵(Common mallow)は、ヨーロッパ原産で、初夏~夏の花です。 花色は赤紫、ピンク、紫で、薄紅色とは少し違います。 花はハーブティーとして利用されます。 薄紅葵全般の花言…

思いがけない質問で

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 「木と石、どちらが好きですか?」 18才の私に、専門学校の入試面接官が尋ねました。 木と石? 盆栽や庭木など、木が好きな人がいることは知っていました。 石と言われ、思い付いたのは近所の児童公園にある小石…

夏をむかえる準備を少し

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 また、ひとつ季節が変わります。 いよいよ夏がやってきます。 私は夏が苦手です。 部屋の窓を開ける季節は、ピアノの練習をしません。 普段から一生懸命やっているわけではないけれど、出来ないと思うとちょっぴり…

無題

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 孔子は言った。 四十にして惑わず。 五十にして天命を知る。 六十にして耳順(したが)う。 少し前のこと。 水色姫は、私の興味とは違うジャンルの本を数多く読んでいた。 水色姫に対し私が、「水色姫は本読むの好…

髪型とか、髪色とか…

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 久しぶりに美容院に行きました。 電車を乗り継いで、少し遠い街中の美容院に通っています。 数年前に、ヒョンなことがご縁でお世話になり始めました。 同世代の方がご夫婦で経営、クラシック音楽が流れる、落ち着…

いろいろな夜に台湾茶

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 蒸し暑い夜です。 静かな夜です。 こんな夜は、台湾茶を飲みましょう。 今日のお茶は「文山包種茶」です。 どの茶杯を使おうかしら。 今日は、再チャレンジのつもりだもの、一番のお気に入りの茶器にしましょう。 …

あの人の話……尊敬と感謝の思いをこめて①

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 高校生のとき、同級生が亡くなりました。 1年生の冬に事故にあい、半年程入院した後に亡くなりました。 私は、彼とは数回話したことがあるだけの、稀薄な関係のクラスメイトでした。 私達は2年生に進級し、クラ…

図書館の本の扱い方がわからない?!

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 久しぶりに本を借りました。 近くの公立図書館で借りました。 先日、水色姫と出掛けたときに少しだけ読んでいた本です。 www.usubeniaoi.com その後、本を読みたかったので購入しようと探したのですが、既に絶版で…

不要不急ばかり…だけど、それも大切

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 健全な精神は、健全な肉体に宿るのだろうか? 最近、気持ちが落ち続けていた。 家族の心配事や将来の不安はたくさんある。 でも、それは以前と比較して増えたわけではない。 ほぼ職場と自宅の往復のみで、買い物に…

明日の朝のために出来ることを

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 元々、運動が苦手で身体を動かすことが好きではありません。 そんなことを言っていますので、どんどん身体が固くなってきました。 朝が辛いです。 歩きだしの足首が辛いです。 アドバイスをいただき、寝る前に少し…

美味しいだけではないはずだったのに…。

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 涼しい夜です。 静かな夜です。 こんな夜は、台湾茶を飲みましょう。 今日のお茶は「東方美人茶」です。 どの茶杯を使おうかしら。 持っている数は少ないけれど、茶器を選ぶのも楽しみの1つです。 ブログにもアッ…

のんびりと過ごしながら思い出した少しのこと

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 今日は仕事が休みだった。 朝から雨が降っていたので、テレビを見ながらのんびりとしていた。 テレビでは、いろいろな家庭の揉め事(?)について、面白おかしく紹介していた。 嫁・姑の話を聞きながら、思い出して…