薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。