薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

昔のこと

雪の季節

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 私が住んでいる地域に、あまり雪は降りません。 1年に数日、数センチの雪が積もる程度です。 それでも近年では、新記録と言われるほどの積雪になる事が多いように思います。 積雪に慣れていない地域ですので、雪が…

寝ぼけて叫んで赤面して

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 昔、学校で勤務していたときの思い出話になります。 その職場では、事務室にある机で仕事をしていました。 昼休みもその机でお弁当を食べ、時間があれば突っ伏してウトウトとするのが日課でした。 事務の方々は、…

中途退職した後に

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 はてなブログで、いろいろな方のブログを拝見しています。 その中でも、退職した後の様子などを書いている方々のブログを読ませていただき、思い出したり考えたりしたことがありました。 昔々、30才を少し過ぎたと…

かさぶたを知らないこどもたち

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 とある大学の保健室で勤務していたときのことです。 学生さんが保健室に来ました。 どうしたのか尋ねると、「こんなになっちゃったんです」とズボンをたくし上げて膝を出しました。 そこには立派なかさぶた(痂皮:…

思いがけない質問で

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 「木と石、どちらが好きですか?」 18才の私に、専門学校の入試面接官が尋ねました。 木と石? 盆栽や庭木など、木が好きな人がいることは知っていました。 石と言われ、思い付いたのは近所の児童公園にある小石…

のんびりと過ごしながら思い出した少しのこと

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 今日は仕事が休みだった。 朝から雨が降っていたので、テレビを見ながらのんびりとしていた。 テレビでは、いろいろな家庭の揉め事(?)について、面白おかしく紹介していた。 嫁・姑の話を聞きながら、思い出して…

あの頃と同じように励まされているけれど、恩返しは出来ていない

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 コロナウィルスの影響で延期になっていた F1世界選手権の2020年シリーズ、始まることが決まったとニュースになっていました。 まだ若かったあの頃、職員寮で生活をして夜勤をしていました。 準夜勤が終わり寮に帰…

「優しい看護婦になりたい」と言えなかった日

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 昔々、看護学校に入学したての頃、どのような看護婦(当時)になりたいかを一人一人発表する授業がありました。 私の目標は「優しい看護婦」でした。 けれども、私は違うことを発表しました。 当時の私は、何か大き…

お礼の手紙を送りました

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。 この季節になると思い出す人がいます。 受験のときにお世話になった先輩です。 だいぶ昔の話になりました。 その受験は、6~7人が1つのグループになり学内を移動しながら受けるテストでした。 6~7人が同じテーブ…