薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

チョコレートに思いをのせる?

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

バレンタインデーまで10日になりました。

最近の私は、この期間が大好きです。

 

 

むかしむかし、あの人に「好き」の気持ちが届くようチョコレートを悩みながら選びました。

職場の方達に「ありがとう」の気持ちが届くようチョコレートを探し回りました。

子供達の手作りを「ガンバれ」と手伝いました。

今は違います。

 

 

私は田舎町に住んでいます。

それでも、バレンタインが近づくと、お店には見たことの無いチョコレートが並びます。

どれもこれも食べてみたくなる可愛らしさです。

 

 

先日お店を覗いていると、「試食はいかがですか?」と声をかけられました。

とても嬉しくとびついたのですが、橙姫に食べさせたいと思い、「家に持って帰っても良いですか?」と尋ねました。

店員さんは、「賞味期限の都合があるので今ここでお召し上がりください」とのこと。

だから試食ができるのね…と思いながらハジメテのチョコレート、とても美味しくいただきました。

そして一粒、自分のために買いました。

どちらも橙姫にはナイショです。

バレンタインは美味しいチョコレートに出会える時となっています。

 

 

年齢により過ごしかたや楽しみかたが変わってゆくことも、楽しいですね。

またチョコレートに思いをのせることが、あるかもしれません。

これからもバレンタインを楽しみたいと思います。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。