薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

お礼の手紙を送りました。

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

この季節になると思い出す人がいます。

受験のときにお世話になった先輩です。

だいぶ昔の話になりました。

 

 

その受験は、6~7人が1つのグループになり学内を移動しながら受けるテストでした。

6~7人が同じテーブルで待っていると一人一人呼ばれます。

前年度の倍率が9倍でした。

グループで1人が受かる否かの割合でした。

そう思うと、グループ内での会話はほとんどありません。

その先輩は、ずっとグループのみんなに寄り添って居てくれました。

いよいよ呼ばれたときに、「大丈夫!行ってらっしゃい」と笑顔で声を掛けてくれました。

そして全て終わり帰るときには、「暗いから気をつけてね」と🤗見送ってくれました。

 

 

今思い返すと特別なことも言葉もありませんでした。

その先輩も当時は20歳位です。

けれども極度に緊張していた私にとってはとても嬉しく、「この人のようになりたい」と思い、その学校に入学しました。

(先輩は卒業していましたので、その後おめにかかる機会はありませんでした。)

 

 

この季節になると思い出す人がいます。

そして、ときどき自分自身を振り返ります。

寄り添いを必要としている人に寄り添えているか、きつい言葉掛けになっていないか。

(普段は考えませんが…)

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。