薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

母親であること。

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

そろそろ子離れしなければと思っています。

 

 

母親卒業とは違うかな。

いつまでも子供達が疲れたときに羽を休めるところではありたいので。

でもきちんと子離れしなければ、そんなことを考えています。

 

 

誰も誉めてはくれないけれど、今までがんばってきたと思います。

子供たちもまだまだ頼りないけれど、親から離れ確実に自分の脚で歩み始めています。

 

 

今、水色姫が一つの試練に立ち向かっています。

 

 

助けを求められてはいません。

なのに、私はついつい口を挟んでしまい、世話を焼きたくなるのです。手をさしのべたくて仕方ないのです。

 

 

助けが必要ならばいつでも助けることを伝え、あとは世話を焼かずにただ見守ろう。

私にとっても試練です。

水色姫に置いていかれないよう、私もがんばって試練を乗り越えなければいけません。

 

 

そして、親の役割以外も楽しみましょう。

両親は年老いてきましたので娘でいられる時間は長くないでしょう。

職業人としての時間も先が見えてきて、そろそろ集大成?です。

妻としてはどんな時間を過ごしましょう。

独りの時間も、もう一度充実させたいです。

 

 

子供達を安心させられるような、楽しく穏やかな時間にしてゆきたいな。

 

 

でも、言うほど簡単にはいかないのよね➰。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。