薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

帰りの道

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

ゆ~やけこやけでひがくれて~

や~まのおてらのかねがなる~

 

 

チャイムと共に仕事を終えて帰ってきました。

背中から夕日を浴び、長い影法師を追いかけながら帰ってきました。

 

 

日が当たり、気持ちの良い(マスクをしてると暑かった…)中を歩くのは久しぶりでした。

電車に乗っているのが勿体なくて、2駅早く降り歩きました。

 

 

家の近くなのに歩くのは久しぶりです。

車で通るだけでは気がつかなかったこともありました。

あのお店いつの間になくなったのかしら?

あんなにおしゃれなお家あったかしら?

ここのお家、バラが満開。イイ香り!

 

 f:id:usubeniaoi:20200525212429j:image


寒さと怖さ(コロナウィルス)で体も心も縮こまり、辛さが重なってきていました。

少し日に当たるだけで緩んでいくのを感じます。

庭の雑草(名前があるのよね。知らずにごめんなさい。)さえ可愛く感じます。

 

 

「疲れた疲れた」と家の中で過ごしてばかりいないで、お日様の元を歩きましょう。

でも、仕事帰りは荷物が多いのでほどほどが良いかも…。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。