薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

時代の移り変わりについていかなければ… 好きなものを手放さないために

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

音楽を聴くことが好きです。

少しづつ興味を広げながら、いろいろ聴いています。

 

 

Billy Joelが好きです。

出会いは、中学生の頃でした。

その頃、洋楽はほとんど聴いたことはありません。

友達に薦められて聴きました。

「オネスティ」「ピアノマン」などはお洒落で切なくて美しくて、すぐに魅せられてしまいました。

毎日のように友達の家に遊びに行き、レコードを聴かせてもらいました。

歌詞を聞きとりカタカナでかき写し、声に出して歌ったりしました。

 

 

お小遣いを貯めては、LPレコードを買うようになりました。

自宅のステレオで聴きました。

でも、ステレオはリビングに1台しかないので、好きなときに聴くということは出来ません。

大切なLPレコードは、聴くよりも見ていることが多かったかしら。

毎日のように、LPを並べては片付けてを繰り返していました。


f:id:usubeniaoi:20200606022057j:image

 

カセットデッキを買ってもらいました。

自分の部屋で好きなときに好きな音楽が聴けるのです。

なんて素敵なことでしょう。

カセットテープが擦りきれるほど繰り返し聴いていました。

 

 

そしてCDが主流になった頃、念願のウオークマンを手にいれ、歩きながらや電車の中でも音楽を聴くようになりました。

久しぶりにBilly Joelを聴きたくなり、改めてCDを買いにいきました。

 

 

最近は、ダウンロードした曲を聴くことが多いです。

電車の中では、声に出さずに歌いながらのんびりと音楽を楽しみます。

それ以外の場面では、BGMのように聞き流し、ときには何が流れているのかも解っていなかったり…。

あッ、もちろんBilly Joelもダウンロードしてあります。

ストリーミングはまだ、利用したことがありません。

 

 

好きな作曲家や歌手、歌はたくさんあります。

けれども、レコード・CD・ダウンロード曲と揃っているのはBilly Joelだけです(カセットテープは失くなってしまいました)。

これからも楽しみ続けたいのです。

どのような手段が必要になってくるのでしょうか。

CDが使い続けられますように、新しい手段が難しくありませんように、そんなことを願っている近頃です。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。
そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。