薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

美味しいだけではないはずだったのに…。

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

涼しい夜です。

静かな夜です。

こんな夜は、台湾茶を飲みましょう。

 

 

今日のお茶は「東方美人茶」です。

どの茶杯を使おうかしら。

持っている数は少ないけれど、茶器を選ぶのも楽しみの1つです。

ブログにもアップ出来るよう、写真も撮っておこうかしら、……などと慣れないことを考えたものですからちょっぴり残念なことに……。


f:id:usubeniaoi:20200622020856j:image

 

お湯が沸いたら、まず茶器を暖めます。

それから茶壺に茶葉を入れ、熱湯を注ぎます。

頭のなかでカウントしながら待ち、お茶を茶海に移し入れます。

お茶を茶海から聞香杯に注ぎます。

茶杯を聞香杯の上に、蓋をするようにして被せて置きます。

聞香杯と茶杯の上下をしっかりと押さえながら逆さまにし、お茶を茶杯に移します。

 

 

ここからが残念なことの始まりです。

「写真を撮るのを忘れないようにしなければ」と考えながら始めていました。

茶杯にお茶を移したら、「早速、写真」と動いてしまったのです。

で、聞香杯で香を楽しむ事を忘れてしまいました。

 

 

台湾茶は、茶壺に入れた茶葉で5煎程度楽しむことが出来ます。

聞香杯は文字通り、香を楽しむためのもので1煎目だけしか楽しめません。

なのになのに…。

2煎目は、写真を撮るのを忘れました。

3煎目はお湯が冷めている事を忘れ、そのまま使ってしまいました。

ここまでくると、思わず溜め息が出てしまいます。

4煎目と5煎目は邪心(ではないけれど)を捨て、ゆっくりと座ってお茶だけを楽しみました。

 

 

飲み終えた後、写真を確認すると…。

今回は、写真は載せないことにします。

ハハハ、フゥ…。

 

 

近いうちに、準備と段取りをして写真を添えてブログに載せたい、少しでも多くを伝えられるようにします。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。
そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。