薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

いろいろな夜に台湾茶

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

蒸し暑い夜です。

静かな夜です。

こんな夜は、台湾茶を飲みましょう。

 

 

今日のお茶は「文山包種茶」です。

どの茶杯を使おうかしら。

今日は、再チャレンジのつもりだもの、一番のお気に入りの茶器にしましょう。

 

www.usubeniaoi.com

 

 

今度こそブログにもアップ出来るよう、写真を撮りましょう。

上手ではなくても、最後まで撮りましょう。


f:id:usubeniaoi:20200709185718j:image

 

お湯が沸いたら、まず茶器を暖めます。

それから茶壺に茶葉を入れ、熱湯を注ぎます。

今日は少し多め、贅沢な量の茶葉を使います。


f:id:usubeniaoi:20200709192135j:image

 

頭のなかでカウントしながら待ち、お茶を茶海に移し入れます。


f:id:usubeniaoi:20200709191451j:image

 

お茶を茶海から聞香杯に注ぎます。

茶杯を聞香杯の上に、蓋をするようにして被せて置きます。

f:id:usubeniaoi:20200709192322j:image

 

聞香杯と茶杯の上下をしっかりと押さえながら逆さまにし、お茶を茶杯に移します。


f:id:usubeniaoi:20200709192341j:image

 

聞香杯で香りを楽しみます。

文山包種茶は、さわやかな花の香りがします。

蘭の香りとも言われています。

1煎目のこの香りを楽しむためにお茶を淹れることもあります。

 

 

2煎目をいれましょう。


f:id:usubeniaoi:20200709230235j:image

写真が上手ではないのですが、1煎目と比べるとやや濃色になっています。

清々しい味わいとほのかに花の香です。

私は文山包種茶は2煎目が好きです。

 

 

いつもは、5煎程度楽しみます。

けれども今日は暑いので、2煎目で終わりにして、冷茶を作ります。


f:id:usubeniaoi:20200709231340j:image

2煎淹れた後の茶葉です。(写真は半分。実際はこの倍量あります。)

まだ、開ききっていないのがお分かりいただけるでしょうか?

 


f:id:usubeniaoi:20200709231910j:image

冷蔵庫に入れて、数時間たってからいただこうと思います。

甘味は少なくなりますが、清々しくキリッとした味わいになります。

待っている時間もまた、楽しいです。

 

 

(…写真撮るのって難しい…)

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。
そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。