薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

無題

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

孔子は言った。

四十にして惑わず。

五十にして天命を知る。

六十にして耳順(したが)う。

 

 

少し前のこと。

水色姫は、私の興味とは違うジャンルの本を数多く読んでいた。

水色姫に対し私が、「水色姫は本読むの好きね、読むの早いし。」

その声かけに対する返事が、私にとってショックであり、目から鱗だった。

水色姫は「えっ、私読書好きじゃないよ。私が好きなのは、か・つ・じ。」


f:id:usubeniaoi:20200715222635j:image

 

「?」、始めはわからなかった。

水色姫は、好きなのは「活字」であり、読書ではないと言う。

そんなこと考えたことも無かった。

 

 

でも、でも、でも、私もそうかもしれない。

本を読むのは遅い。

目でどんどん文字を追うけれど、中身が頭に残らないので何度も同じところを繰り返し読むから。

ポスターや看板、広告などを見ても絵はほとんど見ず記憶に残らない。

文字だけを見てくる。

食事中もついつい広告やメニューを見てしまう。

そうか、私は活字が好きだったのか…と、改めて気がついた…様な気がした。

 

 

「活字の仕事をしてみたい。転職したーい。」思わず叫んだ。

それに対し水色姫はとても冷徹に、「何歳だと思っているの?今、必要としてくれている職場があるのだから、そこで頑張りなさいっ。」

 

 

四十は過ぎたなー。

あれ、五十も過ぎたよ。

六十も遠くではなくなったのに…。

未だ、心は迷うことばかり、天から与えられた使命も自覚できずにいる…。

 

 

ということは、まだ成長の余地があるということ?

あってもなくても、明日からもガンバロー。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。
そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。