薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

CMを見て思い出したこと

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

エリエールのオムツのアテント[もっといいパンツになる]のCMを見ました。

草彅剛君が、他人事としてではなく、爽やかにCMをしています。

ステキだなと思い、エリエールのホームページで13種の全バージョンを見ました。


f:id:usubeniaoi:20200830113359j:image

 

独身時代、ある学校に行きました。

その学校の実習中に、痴呆老人(当時)をかかえる家族の会の方々とお話をする機会がありました。

その中で自分自身が、病や障害や老いなどのいろいろなことに対して偏見を持っていることを認識させられました。

そして最後に、「自分自身が持っている偏見で、自分自身が苦しめられる」というお話がとても印象に残っていました。

 

 

これから先自分自身や大切な人達に病気や障害、老いていろいろなことがおきても、飄々と楽しく過ごしたいと思いました。

そのためには、自分が持っている偏見を手放すことが必要、難しくても意識して努力しようと決めました。



その後、水色姫がお腹にいるとき、「障害や病気があるかも」といわれ、悩んで気持ちが落ちましたが、その時の事を思い出し、気持ちを立ち直らせたことがありました。

 

 

CMを見てそれらのことを思い出しました。

私は今、オムツは必要ありません。

けれども、必要な日がやってくるでしょう。

そうなるまで元気に遊び回り、そうなってからも元気に遊び回りたいと改めて思っています。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。