薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

鳩がやって来た

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

庭に鳩が巣作りをしているようです…たぶん…。

どうしようかしら。

 

 

我が家は、住宅地にあります。

我が家には、猫の額程の小さな庭があります。

その庭は、全く手入れが出来ておらず、木も草も延び放題になっています。

 

 

ある日、鳩がやって来ました。

以前から町中には鳩は居ましたし、ときどき電線や近隣の家の屋根からポッポーと鳴き声は聞こえていました。

 

 

テレビを見ていると鳩が鳴いています。

それも、とても近くで…「ちょっとうるさいな」なんて思いながら聞いていました。

よく見てみると我が家の庭木へ、何度も行ったり来たりしています。

更によく見ると、枝を咥えている…。

枝を運ぶ先には、一羽の鳩が居着いているような…。


f:id:usubeniaoi:20200903070927j:image

 

鳩が巣を作っているのかしら?

卵があるのかしら?

雛が生まれるかもしれないわ。

なんて、ウキウキした気持ちになりました。

雛が見られると嬉しいなと思い、ネットで鳩について少し調べてみました。

 

 

調べてみると、喜んでばかりはいられないようなのです。

鳩は、安全な場所と認識すると、帰巣本能や縄張り意識により、簡単には出ていかないようです。

また、一度巣を作り安全な場所と認識されると、同じエリア内に住む別の鳩が巣を作りにくる可能性が高いとか。

 

 

住み着かれるのも、集まって来られるのも困ります。

避けなければなりません。

でも、ドバトは鳥獣保護法により守られているため、卵をとったり、雛を移動・捕獲することは禁じられていて、違反すると懲役または罰金に課せられるそうです。

 

 

先ずは、確認したり調べたりして、きちんと対策する必要がありそうです。

でも、少しの間は楽しんでも許されますか?

野生の生き物です。

お付き合いの仕方を間違えないようにしなくてはいけません。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。