薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

付録のバック

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

付録の付いている雑誌が気になります。

4年程前だったでしょうか、手提げバックが付録に付いている雑誌を買いました。

付録が目的で買いました。

サブとしても使える布のバックです。

早速次の日から、そのバックを使い始めました。

ふと見回すと町中にはそのバックが溢れていました。

 

 

数日使いましたが、止めました。

同じバックに目が行ってしまい、その多さが何となく嫌で、止めました。

その後、大切にしまいました。

そしていつの日か、しまったことさえ忘れてしまいました。

大切に思い大事に大事にしまっては忘れてしまう、ということはよくやってしまいます。

 

 

先日、いつも使っているバックが壊れてしまい、別の物に変えました。

色も形も違うの物なので、サブバックも換えようと思いました。

そこで思い出したのが、あのしまい込んだ布のバックです。

引っ張り出して洗って、喜んで使い始めました。


f:id:usubeniaoi:20201004105626j:image

使い始めて2日目のことです。

バスに乗り座っていました。

バス停で数人のお客さんが乗ってきて、通路を挟んだ隣に一人の同世代位の女性が座りました。

何となく目をやると、持っていたのです。

同じバックです。

それも、同じ位にきれいで新しい感があるのです。

思わず二度見して、ニヤニヤしてしまいました。

 

 

あの頃は、同じバックを見るのは嫌だったのに、今は何だかウレシイのです。

その新しそうなバックを見ながら、同じようにしまってあったのかしら、なんて勝手な想像をしてみたりして…。

また同じバックの人に会えるといいな、なんて考えながら今日もバックを使っています。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。