薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

通勤電車から

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

最寄りの駅に着くと既に電車を待つ人々が列をなしていた。

軽くため息をつきながら最後尾に並んだ。

ほどなくして、電車が到着。

並んでいた半分ほどの人はドアの近くに立っている。

私は列車の奥まで進む。

空いている席があったので、そこに座った。

何となく周りを見回す。

皆、携帯に目を落とすか、ウトウトとしていた。

 

 

私は、携帯電話でニュースを見ていた。

換気を促すため窓が開いている。

風は冷たく寒さを感じる。

けれども、座席がポカポカと暖かくいつの間にか眠気に負けていた。

女子高生達のヒソヒソ声で目が覚めた。

 

 

私の前には、同じ制服を着た2人の女子高生が立っていた。

勉強のこと、先生の噂話、男子の評判など途切れることなく楽しそうに話をしていた。

と、突然「この辺だよね?見えるかな~」

「カーブしてからだよ、◯◯駅に着く寸前だと思う。」

どうも、富士山を探しているようだった。

冬の天気の良い朝には小さく見えることが、タマにあるのだ。


f:id:usubeniaoi:20201112064114j:image

 

若い人達も、富士山が見えるとウレシいのかなあ?

「♪ふ~じは、にっぽんいちのやま~♪」頭の中で流れた。

高さだけでなく、美しさだけでなく、愛され度合いも日本一だ、そんなことを考えていた。

 

 

テレワークとか時差通勤とかあるようだけれど、密の状態での通勤。

だんだん寒さが増すこれからの季節怖いな。

さて、そろそろ到着だ。

多くの人を押し退けながら、流れにのって降車する。

いつもと変わらない朝。

「♪ふ~じは、にっぽんいちのやま~♪」頭の中で流れ続けていた。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。