薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

雪の季節

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

私が住んでいる地域に、あまり雪は降りません。

1年に数日、数センチの雪が積もる程度です。

それでも近年では、新記録と言われるほどの積雪になる事が多いように思います。

積雪に慣れていない地域ですので、雪が降ると交通機関は麻痺し、いろいろな事がストップしてしまいます。

この時期になると、思い出す場面があります。

 

 

学生時代、東京の学生寮で生活をしていました。

学生は、北海道から九州まで、日本各地から集まってきていました。

その日は、朝から重たい空でした。

そして、4時間目が終了する少し前に雪が降り始めました。

その雪を見て、ある学生が「わぁー雪だ、先生雪が降ってきました」と叫んだのです。

教室にいた学生も驚きましたが、呼びかけられた先生も驚いたようです。

残り時間が少しだったため、授業はそこで終了となりました。

 

 

叫んだ学生はそのまま外へ飛び出し、両手を広げ雪に降られていました。

あまりに嬉しそうな姿に、私も嬉しくなり一緒に雪に降られました。

彼女は雪の降らない地域で育ち、本物の雪を見たのは初めてということでした。

雪を見たことが無い人がいるんだ、と驚きながら一緒に雪を楽しみました。

雪国から来ていた友人は、何が楽しいんだと呆れていたようです。

その日の夜、彼女はお母さんに電話をして報告をしていました。

 

 

その年は、何度も雪が降りました。

受験の数日前から雪が降り続き、当日も雪の予報が出ていました。

受験生を迎えるために、1-2年生全員で朝1番から雪かきをしました。

私にとっては、初めての経験でした。

雪は重く腕は痛いし、寒いのに汗はかくし、坂道は転びそう、少しの時間にもかかわららず、もうクタクタでした。

雪は、きれいとか楽しいとかばかり言っていられないことを知りました。


f:id:usubeniaoi:20201224180409j:image

 

この冬も、寒く乾燥した日々が続いています。

クリスマスの頃、初雪が降ることが多くあります。

今年の初雪は、まだです。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていたけるのを、心よりお待ちしております。