薄紅葵雑記

気が付けば、朱夏も終わり。これからを楽しむために。

夜の時間

 こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

 

「カタカタカタカタカタ…」「カチャカチャカチャカチャカチャ…」「ふぅ~」。

今、我が家のリビングのテーブルでは、小さいけれどちょっぴり耳障りな音が響いています。

 

 

 

 

家族そろって…

ここ数週間、夕食や入浴を済ませ、一息ついた夜半になると姫たちと私の3人がテーブルに集まってきます。

そして、始めるのです。

何を?……レポートの作成です。

姫たちは卒業に向けて、進級に向けて、それぞれの学校へ提出します。

私は資格継続に向け職場に提出します。

それぞれ、大事な大事なレポート(?)の提出期限が迫ってきているのです。


f:id:usubeniaoi:20210122230538j:image

 

続かない集中力…

3人ともパソコンのキーボードを黙々と叩きます。

お部屋には、時々ため息が交りつつも、キーボードの音だけが響いています。

30~40分もすると、そんな状況に、私は飽きがきてしまいます。

「何か飲む?何か食べる?」ついつい声を掛けてしまいます。

「う~ん」、姫たちはそんな声には耳も貸さずに、パソコンを叩き続けています。

その様子に促されるように、私は再度パソコンに向かいます。

けれども、更に時間が過ぎると、さすがに姫達も集中力が切れてくるようで…。

 

 

聴くだけではなく…

テレビ朝日の番組「関ジャム 完全燃show」という音楽バラエティーが好きでよく観ています。

先日は特に好きなシリーズ、「売れっ子プロデューサーが選ぶ年間ベスト10」を3人で見ていました。

 

橙姫が鼻歌を歌い始めます。

「あれ、その曲なんだっけ?聴いたことあるけど」と私。

すると水色姫が、「ほらこの前、関ジャムで選ばれていたあの曲だよ」

「○○さんが選んでいた曲だよ」と言いながら、橙姫がYouTubeで音楽を流し始めます。

その後は、水色姫と橙姫がそれぞれのお気に入りの曲を披露します。

売れっ子プロデューサーのごとく、好きな理由を説明してくれます。

勢いのついた姫たちは、聴いているだけでは足りずに、歌ったり、踊ったり始めます。

レポートは……とりあえず、今日は終わりです。

 

 

おわりに

3人とも、レポートを終わらせるためには、もう少し時間がかかりそうです。

とはいえ、姫たちは提出期限に向け着々と進んでいる様子です。

私は、なかなか予定通りに進んでいません。

でも、………この時間をもう少し楽しんでいたい………です。

 

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていたけるのを、心よりお待ちしております。