薄紅葵雑記

tea , music and ……

もっと、もっと、観ていたい

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

最近、夜更かしをしてテレビを観ています。

30分のアニメ番組を録画して観ています。

だいぶ溜めてしまっていました。

水色姫のお薦めで見始めました。

最初は、なかなか頭に入ってきませんでした。

今は面白くて早く続きをみた~いと見続けています。

 


f:id:usubeniaoi:20210307090631j:image

≪少年は戦うーー「正しい死」を求めて。

 

辛酸・後悔・恥辱

人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む

呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、

人間を死へと導く

そして、呪いは呪いでしか祓えない

少年は、ある日“呪い”に襲われた学友を救うため、呪物を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう

呪いと肉体を共有することとなった少年は、最強の呪術師の案内で、対呪い専門着機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入することになり……

呪いを祓うべく呪いを宿した少年の後戻りのできない、壮絶な物語が廻りだすー ≫

(公式サイトのイントロダクション・ストーリーより抜粋)

 

 

私がそのアニメを見始めると、水色姫がやってきます。

水色姫は今、このマンガが大好きです。

録画は何度も観ていますし、マンガ本も揃えて読んでいます。

新刊が発売されるときには、予約を入れて購入しています。

そのくらい好きなので、録画を静かに見ていることが出来ません。

 

 

録画が始まると、オープンニング・エンデンクそれぞれの曲について、その歌手についての説明が始まります。

キャラクターの説明を始めます。

長所や欠点など、そのキャラクターへの愛が伝わってきますが、「その話何回目?」と思うこともあります。

さらに熱がこもってくると、ストーリーのネタバレが始まります。

「それは止めてー」と思いながらも、途中遮ることはせず、水色姫の説明を聞き続けています。

 


f:id:usubeniaoi:20210307101645j:image

 

この春、水色姫は学校を卒業します。

いよいよ社会人、そして入寮予定です。

とてもありがたく、誇らしく思っています。

そしてまた、いろいろ思い出したり、考えたりもしてしまいます。

でも今は、一緒に録画を観ることを楽しんでいます。

もう少し、もう少し…と思いながら。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。