薄紅葵雑記

tea , music and ……

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

歌えるようになりたい歌があります。

入浴時に、湯船に浸かりながら歌っていました。

「胸ぐらを掴まれて、強烈なパンチをくらってよろけて…」

しばらくすると、橙姫が恐る恐る声をかけてきました。

「ママ…ママ…大丈夫…」

うめき声のように聞こえて、具合が悪いのかと心配をしてくれたようです。


f:id:usubeniaoi:20210912080819j:image

 

ゴメンネ!

でも、もう少し歌わせて~。

上手でないことは、よく解っています。

どこかで披露するわけではありません。

それでも、歌えるようになりたいから…。

その後も、しばらく歌い続けました。

でもまだ、歌えません。

難しい…、しばらくは楽しめそうです。

 

 


f:id:usubeniaoi:20210912073156j:image

 

 

私が通院している待合室でのことです。

おかあさんを真ん中にして、小学校低学年位の男の子と少し認知機能の低下しているおじいちゃんと3人で座っていました。

おかあさんさんが、男の子に向かって「今年は何年だっけ?」と声をかけます。

男の子は聞いているのかいないのか、ゲーム機に向かいながら「知らなーい」。


f:id:usubeniaoi:20210912081000j:image

 

少し時間が経った頃に突然、おじいちゃんが「ニーゼロニーゼロ(2020)だよ」と。

すると男の子も、おじいちゃんに向かい笑顔で、「そうだ、ニーゼロニーゼロだよ」と声を上げました。

 

 

その後もしばらくの間、男の子は「ニーゼロニーゼロ」と続けています。

おかあさんは、静かにするよう男の子をたしなめています。

おじいちゃんは何事も無いかのように静かに前を向いて座っています。

 

 

家族でオリンピック・パラリンピックを楽しんだのだろうなとホッコリとした気持ちで待ち時間を過ごすことが出来ました。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。