薄紅葵雑記

tea , music and ……

何を目印に?

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

私は、方向音痴です。

昔、携帯電話が一般的では無かった時代に、初めて行った博物館でトイレに行き、方向がわからなくなって、友人に再開するのに数十分もかかってしまうなんていうこともありました。

その後、『話を聞かない男、地図が読めない女』という本が流行りました。

その本を読んで、方向のわからない女の人が大勢いることを知りました(この本だったと思うのですが、間違っていたらスミマセン)。

私だけではないと、ホッとしたのを覚えています。


f:id:usubeniaoi:20211022195358j:image

 

 

あれから数十年たった今も、もちろん方向音痴です。

カーナビを持っていない私は、車で初めての場所へ行くのに、建物を目印にします。

その時目印にしやすいのは、○○病院、○○クリニックとか○○医院などです。

でも、家族や友人は違います。

「えっ、そんな病院あった?」と言われてしまいます。

 

 

私はいつまで「病院」を目印にするのかしらと…。

これからもなのかしら…。

いつまでも病院だけではなくて、何か新しい物も目印に出来ると良いのだけれど…。

でも、それは、自分で探さないといけないのよね…と。

焦りと諦めが交互に押し寄せてきています。

 


f:id:usubeniaoi:20211022205717j:image

 

 

今日は、青空で持ちの良い朝です。

昨日の寒さや雨が、遠い日のように感じます。

こんな朝は、耳鳴りも改善します。


f:id:usubeniaoi:20211023133508j:image

 

 

天候に、体調が左右されることが増えてきました。

若かりし頃、気持ちが少し左右されることはありましたが、体は全く感じていなかったように覚えています。

年を重ねるほど、季節や天気や時間に合わせた生活が、心身に無理が少ないということなんでしょうか?

でも、もう少しの間、無理も続けていきたいなぁ。

いつまで続けられるかなぁ。

焦りと諦めが交互に押し寄せてきています。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。