薄紅葵雑記

tea , music and ……

上を見ても、下を見ても楽しい

こんにちは、薄紅葵(うすべにあおい)です。

 

 

12月になり、私の住む田舎町にも、クリスマスが近づいて来ました。

お店にはクリスマスソングが流れています。

ついつい釣られて、口遊んだりしてしまいます。

お店で歌を唄っていたら、変なおばさんですよね…。

町中には、クリスマスツリーが飾られたり、いつもは化粧気のない木々がイルミネーションで飾られたりしています。


f:id:usubeniaoi:20211201222757j:image

 

ここ数年、クリスマスのイルミネーションなどはあまり興味がありませんでした。

でも、今年は楽しもうと思っています。

日々の生活圏内のいつもの道にも、少し外れた道にも、様々なイルミネーションがありそうです。

イルミネーションを探したり、見上げたりしようと思っています。

 

 

先ずは、いつも電車の中から見えている公園のイルミネーションを見に行きましょう。

薄紫の光が降っているように見える、あの公園が気になっています。

百貨店の近くには、ピンクのツリーがあるとか。

他にもいろいろあるのでしょう。

この季節ならではのものですものね。

楽しい時間の1つになりますように…。

 


f:id:usubeniaoi:20211201222823j:image

 

 

私は紫の淡い色が好きです。

特に青寄りの紫色が好きです。

ある日、帰りの電車を待つ間に、本屋さんをフラフラと歩いていました。

少し先の方に、濃いめの青紫色の帯を付けた数種類の文庫本が平積みに並んでいました。

吸い寄せられるように、まっすぐそこまで進みました。

「あら、良い色だわ」と全ての種類の本を手に取り中身を見てみました。

でも、あまり興味が持てなかったので元に戻しました。


f:id:usubeniaoi:20211201222850j:image

 

「この色の帯は珍しい」とか「本、本体の色と合わなくて、少しイヤな感じだわ」とか「でも、そこを狙っているのかしら」とか、

そんなことを考えながら、本ではなく帯を見て回りました。

「帯の色と柄が可愛い」とか「この帯は悪目立ち?」とか、そんなことを考えながら、帯だけを見て回りました。

楽しい時間を1つ、見つけました…。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

そしてまた、このブログに足を止めていただけるのを、心よりお待ちしております。